HOME ホーム
大福寺保育園インスタグラム
@daifukujihoikuen

園だよりダウンロード
【トップ記事月別閲覧】
【サイト内検索】
2022年度 入園のしおり

2022siori.pdf
2021年度 入園のしおり

2021siori.pdf
2020年度 入園のしおり

2020siori.pdf
2019年度 入園の栞

2019siori.pdf
メニューボタンについて
メニューの文字をクリックするとそのページ自体にジャンプします。
▼印または文字以外の場所をクリックするとメニューボタンが開閉し、そのページの内容項目が表示され、その項目にジャンプできます。








Introduction
令和3年度 卒園式開催
令和3年度
 大福寺保育園 卒園式
日時
 令和4年3月19日(土)
 午前10:00〜11:00
場所
 大福寺本堂

 今年度はコロナ感染対策もあって、広い大福寺本堂にて卒園式を行いました。
ご家族の方と手を繋いで入堂、在園児の献花・献灯・献香の後、「ののさま」をお勤めしました。一人一人に卒園証書が渡され、園長先生のお話です。あおぞらワッペンの「にじ」を、手話を入れて歌いました。
保護者会長謝辞の後、「恩徳讃」を斉唱して閉会です。退場の際は、お父さんやお母さんと正面まで進み礼拝し、子どもからお礼の言葉と共にお花を渡します。小さかった子どもが、みんなの前で、お父さんお母さんにお礼を言うことが出来ました。親御さんのみならず、全員が涙を流して見せていただきました。
卒園児並びに保護者皆様へのお礼の言葉

卒園おめでとうございます

一人ひとりが自分で考え
自分で決めていく力が 育っています

何か問題が起きると
みんなで集まって話し合いをします

人を思いやる優しい心 自分を振り返る正しい心
仏様にお参りしながら 教えてもらいました

ここで身につけた力は これからの人生を
支えてくれることでしょう

いつまでも皆さんを 応援しています

いつでも遊びに来てください

                  大福寺保育園
                   園長 龍尾一洋
                   職 員 一 同
書籍紹介「本当に頭のいい子を育てる」:齋藤孝
 著者の明治大学文学部教授 齋藤 孝氏は、絵本の読み聞かせが、本当に頭のいい子を育てると言われます。
 最後の章では、百冊の先生が厳選された絵本の紹介もあります。
 以下「はじめに」からの引用です。


「本当の頭のよさ」とは
 自分の足で立って、自分の頭で考え、自分の手で幸せを摺みにいく力です。
 私は教育を研究してきた者として、子どもたちがどうしたら、変化の時代を強く生き抜けるかについて考えてきました。
 変化に強いとは、変化に対応するしなやかさを備えているということ。
 新しいことに一歩を踏みだす勇気と判断力、同時に、どんな社会になろうとも、人間社会である以上、協調性やコミュニケーンカは必須です。
 他者に対する優しさ、思いやり、また、学力の基盤となる国語カ、読解力はすべての力の源となります。
 どんなに社会が変化し、価値観が変わろうとも、自分の力を発揮して生きていける、明るくたくましく、世を渡っていける子=本当に頭のいい子を、どう育てていけるか。
 その鍵は、幼児期の7年間をどう過ごすかだと、私は考えています。
 いろいろな早期教育が流行していますが、私は絵本の読み聞かせこそ、幼児教育の中心に据えるにふさわしいものと考えています。
 本当は1日30分の読み聞かせを推奨したいところですが、習慣化がより大事なので、毎日の15分をオススメします。もし30分時間をとれるなら、ぜひそうしてください。
涅槃会 ねはんえ
2月15日はお釈迦様がインドのクシナガラで亡くなられた涅槃会です。
29歳で出家なさり6年の修行を終えて、35歳で12月8日お悟りを開かれ、仏陀となられました。
80歳でお亡くなりになるまでたくさんの人々に、お説法されました。それを書き写したものが、お経です。
涅槃会はそのお釈迦様が涅槃に入られた(亡くなられた)日です。

絵解き (清水寺よだん堂参照)
○雲の上には、お釈迦さまの生母・摩耶(マヤ)夫人が、天女たちに付き添われ、お釈迦さまの弟子の阿那律尊者(アヌルッダ)に先導されて、息子のもとへ向かっているところが絵ががれています。
○弟子たちの嘆き
宝台下中央で嘆き悲しんでいるのはお釈迦さまの側近の阿難尊者(アーナンダ)。「これから涅槃に入る」と言われ、止めなかったことを激しく後悔していると言われています。お釈迦さまの足をさすっているのは、すでに120歳であったという須跋陀羅(スバッダラ)。お釈迦さまの45年にわたる布教教化活動の偉業を労わっています。
○動物たちも集合
下の方には多くの動物が描かれ、中には象など当時日本では見ることができなかった動物や、想像上の生き物の姿もあります。食物連鎖の理や、普段は互いに争いあう諸動物も、この時ばかりは揃ってお釈迦さまの入滅を悲しんでいるのです。
涅槃図:諫早市正福寺様蔵
毎週のお参りです。今日からは2歳児クラスの一緒に参加します。改装中のため玄関ホールでのお参りですが、みんなで一緒に献花献灯献香の後、ののさまを歌います。今日は涅槃図を見ながら園長がお話をしました。
初めての2歳児さんも、上の子に倣って静かにお参りできました。
おひなさま
立春もすぎ、寒さは続きますが、いつの間にか日差しが強くなったような気がします。
子どもたちの周りには常にお花を飾り、美しいもの、季節の変わり目を感じるものを置きたいと心掛けています。
それをみて感動する大人がいる時、美しい世界が子供のものになっていきます。
今年もおひなさまを飾りました。
03発表会 「海のにじいろステージ」
 令和4年1月29日に発表会を行いました。
今回はコロナ禍により保護者皆様へのご案内はできず、園児・職員のみの前で演じてくれました。
 子どもたちは、改修工事で綺麗になった教室をいっぱいに使って、「海のにじいろステージ」を楽しんでくれました。
 毎日踊った自分のダンスだけでなく、他のクラスのダンスも踊りこなしていました。
 そして今回は、最後に大きな事件がおこります。子どもたちが、一年を通してテーマにしていた海賊が突然現れます。海賊は、海の怪物を追いかけていたのです。そこへ、その怪物が現れて…
 練習して教えられた動きではなく、子どもたちがその場で考えて行動する本当の姿を見せてくれました。
 今回は、コロナ禍により保護者皆様へのご案内はできませんでしたので、職員が撮った動画を編集いたしました。
 練習したダンスを踊ることと共に、突然現れた予期せぬ出来事の中で、子どもたちは、仲間と協力し助け合い、敵と闘い、また泣いている仲間には、優しい言葉をかけて慰めてくれました。それは決して先生が支持したものでもなければ、前もって練習したものでもありません。その様子は映像として編集し、DVDで保護者皆様にお届けしました。
日頃から自分たちで話し合い、仲間を大切にし、考えて行動する力が育ってくれています。
外壁塗装工事終了
長い間足場とフェンスに囲まれていた外壁が、姿を表しました。
建設当初の美しい景観となりました。
ガラス屋根設置のために足場はしばらく残りますが、完成に近づいております。
もうしばらくご迷惑をお掛け致しますがご容赦ください。
Copyright(c) Daifukuji Hoikuen all rights reserved
TOPページ掲載記事数[619件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62]