HOME ホーム



園だよりダウンロード
【トップ記事月別閲覧】
【サイト内検索】
2019年度 入園の栞

2019siori.pdf
メニューボタンについて
メニューの文字をクリックするとそのページ自体にジャンプします。
▼印または文字以外の場所をクリックするとメニューボタンが開閉し、そのページの内容項目が表示され、その項目にジャンプできます。








Introduction
サーマルカメラ(非接触式検知器)設置
サーマルカメラ(非接触式検知器)を設置しました。

サーマルカメラ使用法
@カメラの正面に立つ
A背の低いお子様は、踏み台利用(土足可)
B画面の楕円に顔を合わせるように前後の位置を調整
Cしばらく顔を動かさないで待つ
D画面の端が緑色になり下に体温が表示される
E37.5℃以上は赤色になり、体温計で再検温する
F記録簿に体温その他を記入
*乳児で難しい場合や、表示が遅い場合は体温計で検温
*保護者の方も検温されて構いません

長崎ほいくだより 子育て川柳
長崎県保育協会発行の「長崎ほいくだより」に子育て川柳の募集がありました。試しにイチヨという雅号で、何首か送ってみましたら、2首入選いたしましたので、ご紹介いたします。
他にこんな句も送りました。

 ○亡き母の
   ご恩偲ばる
   夜泣きかな

焼き芋大会ー他の人のために頑張る心
子ども達の代表が職員室に、交渉にやってきました。「園長先生はいますか?お話があります」
「私たちは今度、焼き芋大会をして、保育園の小さい子どもや先生に分けてあげたいのです」
「お芋や、りんご、ウインナーは自分たちで持ってきますので、園長先生は焚き火をしてください」
誰が交渉に行くかも、みんなで話し合って決めました。年長さんだけではなく、年中さんも混じっていました。自分たちで焼き芋大会のポスターまで作って準備しています。
12月15日、朝から焼き芋の準備です。冷たい風の中で、子ども達は芋を洗い、アルミホイールでまきました。小さい子供食べてくれるかな。先生達喜ぶかな。そんな会話が聞こえてきました。
みんなで掃除して集めた落ち葉や枯れ枝で、いよいよ焼き芋が始まりました。できた焼き芋や焼きリンゴ、焼きジャガを、園庭に来た小さいお友達にあげました。その間、自分たちは我慢して、たべませんでした。皆に配り終えてやっと食べることができました。
焼き芋やりんご、中にはウインナーを持ってきてくれた子もいて、楽しそうにいただきました。
干し柿
この焼き芋大会には、子ども達の大きな思いがありました。11月中旬、柿をいただいてたべてみました。ところがそれは渋柿でした。そこで干し柿を作りました。
もしかしたらこの柿は、みんなが仲良くなったら甘くなるかもしれない。
楽柿と名前をつけて、干し柿ができるのを待ちました。
「何かみんなが喜ぶことをしようよ」それが今回の焼き芋大会のきっかけでした。
いよいよ干し柿がみんなに配られました。みんなでいただきますをしてたべたその柿は、とっても甘かったのです。
玄関に木の仙人から手紙が来ていました。
頑張ったみんなへの言葉と、1月30日みんなが計画している大きなイベントへの期待が書かれてありました。
さあ、これから子ども達は、どんな企画をし、私たちを楽しませてくれるのでしょう。
課業:桃太郎
年長さんは午後から午睡はせずに、保育士が入れ替わりで課業の時間になります。
「課業」とはハンガリーの保育で実践されていることで、環境認識・体育・文学・音楽(わらべうた)・描画の5つのことを一人一人に応じて実践していきます。決して教え込むのではなく自発的に参加できるような形をとっています。
今回は文学でもも太郎がテーマでした。物語から自分たちも桃太郎になりたいと、まず「剣」作りから始まりました。次は「きびだんご」を作りたいということになりました。
本物のキビを用意して、みんなで潰し、きな粉をまぶして作りました。剣を持ってきび団子をみんなに配りに行くぞ!
子どもたちは、毎日いろいろな発想をしてくれます。保育士は、いかにそれを叶えてあげられるかを考えなければならないのでしょう。
ナイアガラの滝
フランスのカプラという積木があります。日頃からいろんな作品を作っていますが、今回あお組(年長) さんが、「ナイアガラの滝」に挑戦しました。
立体のドミノ倒しのようなもので、高く積み上げていったカプラの端一つ抜くと順番に倒れていきます。
折角積み上げたものが、途中で崩れたりして、なかなか思った形ができませんでした。
しかしあお組さんは決して諦めずに、忍耐強く挑戦し続けました。
何日も挑戦してやっとできました。あお組さんはみんなを呼びにいきました。
完成発表会です。
女の子が端のカプラを一つ外すと、見事に一列ずつ崩れていき「ナイアガラの滝」が完成しました。
次回はもっと大きなものに挑戦するそうです。
壊れても、みんなで励まし合い、言葉を掛け合って完成することができました。
協調性やコミュニケーション能力がみんなに育っています。
干し柿づくり
渋柿をいただきました。
干し柿は、渋柿で作ります。渋さの元のタンニンが、太陽の光に当たることで、ゆっくり変化し、渋味がなくなり、甘味が強く感(じられるようになるのだそうです。
 子供たちにお話ししました。
私たちの心の中にも、渋柿の「渋」のような、怒る心や欲張る心がたくさんあります。でも仏さまの教えを聞かない人は、自分はいつも正しいと思っていて、自分が怒ったり欲張ったりする心の「渋」を持っていることには気がつきません。
「渋」に気がつく時、その「渋」が「甘み(優しい心・正しい心)」に変わります。
知ってる?こんなこともできるようになったよ! D
1・2歳児の「知ってる?こんなこともできるようになったよ!」最後の2歳児さんになりました。
zoom保育参観の途中からごっこあそびが始まりました。食材を集め(お手玉やカラーチェーン) 美味しそうなプレートができました。みんなで席につき、食事が始まりました。ボトルをドレッシングに見立てたり、飲み物になった利、想像力を働かせて楽しんでいきます。お母さんお父さん役、おじいちゃんおばあちゃん役、子供の役と、それぞれの立場でものを考えていく大切な遊びです。
最後食器を洗って片付けまで済ませました。2歳児クラスの子ども達が役になりきって対人関係や社会性の大切な学習をしています。
あとは園庭で親子で遊ぶ時間をとりました。
家庭では見られない「こんなこともできるようになった」事を見ていただけた行事になりました。
Copyright(c) Daifukuji Hoikuen all rights reserved
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44]
TOPページ掲載記事数[407件] 1ページに10件ずつ表示